東京ツキ板商工業会

イベント

蕨市では一年間を通してさまざまなイベントが開催されています。面積が狭い市だけに、どのイベントにも手軽に参加できる点も大きな魅力です。そんな蕨氏を代表するイベントとしてはまず「桜まつり」が挙げられます。これは4月上旬、桜の開花シーズンに市民公園や南町にある桜並木で実施されるもので、出店などが並び多くの人が花見に訪れます。本格的な春シーズンに入ると「苗木市」が開催されます。毎年ゴールデンウィークに開催されるこのイベントでは苗木が販売されるほか、多数の花弁苗木をそろえた「みどりの祭典」も開催されます。

 

夏場になると「あさがお・ほうずき市」「サマーパークフェスティバル」「わらび機まつり」などが開催されます。とくに「わらび機まつり」は市の夏の風物詩となっており、毎年8月7日を中心とした4日間、蕨駅西口前から旧中山道までの道に飾り付けが行われ、華やかな雰囲気に包まれます。

 

秋に行われる「中仙道蕨宿宿場まつり」は市内最大のイベントといってよいでしょう。毎年11月3日に旧中山道通りで実施されているこのイベントはかつて中山道の宿場町として反映した蕨市の歴史と魅力を再認識することを目的としており、大名行列など歴史を再現するような催しが多数行われます。

 

冬には12月17日に和楽備神社で「酉の市」が実施され、年の瀬の慌しい雰囲気のなか、多くの人が訪れ賑わいます。四季の移り変わりと歴史に根ざしたイベントが多いのが蕨市の特徴といえるかもしれません。こうした催しに触れてみてはいかがでしょうか。